行政や企業の防災担当者のためのウェブメディア | 防災テック

被災者が精神的に感じるストレスとその対応方法について

当サイトでは誤った情報を記載しないように細心の注意を払っておりますが、仮に記載内容について誤りなどございましたらこちらからご指摘ください。なお、利用者は当サイトより得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。当サイトに含まれる情報およびデータなどに基づいて当サイトの利用者または第三者が被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負いませんのでご注意ください。

災害を経験した被災者は精神的に大きな苦痛を伴うものです。大切な家族が被害を受けることもありますし、今まで生まれ育った街が壊れていく姿を見ることもあります。

災害時に受ける精神的なストレスは年齢や性別の関係なく誰もが受けますが、被災者が感じるストレス反応とその接し方について理解を深めておくことは重要です。災害に対してどのようなストレスを感じるのかは人それぞれなので一概には言えませんが、一般的な話としてどのようなものがあるのか理解しておくことは重要です。

今回はそんな被災者が精神的に感じるストレスとその対応方法について、内閣府が公表している「被災者のこころのケア都道府県対応ガイドライン」を参考にしながら書いていこうと思います。

被災者が精神的に感じるストレス

被災者が精神的に感じるストレスは大きく「心的トラウマ」と「社会環境ストレス」に分けることができます。

心的トラウマとは、災害から直接的に受けるようなものであり、地震の揺れなど災害の体感によるものや、建物の倒壊や火災などの災害の目撃によるものや、自らの負傷や財産の消失など災害による被害によるものが挙げられます。

一方で社会環境ストレスとは、これまでの日常生活がなくなることや、避難所での不慣れな生活や、被災者として注目されることなど、災害が発生した後の生活の変化に対するストレスが挙げられます。

時系列で見た場合には、発災直後は生命的な危機にさらされたことから一次的に精神不安になることがあります。この症状は時間の経過とともに軽減していきますが、一方で時間の経過とともにPTSDになる被災者の方もいます。

PTSDは急性ストレスの症状が1ヶ月にわたって持続する状態ですが、この症状は自然に回復することもありますが、慢性化して日常生活に影響が出ることもあります。

この他にも、災害をきっかけとしてうつ病やアルコール依存となったり、コミュニティの変化によって孤独感が高まったりすることもあります。

参照記事
災害派遣精神医療チーム(DPAT)とは?被災者のこころのケア

精神的ストレスを抱えた被災者への接し方

精神的ストレスを抱えた被災者への接し方のまず基本的な考え方としては、生活再建に即した生活上のストレスを軽減させることがまず挙げられます。

生活再建をするための行政機関の紹介、災害・支援に関する情報提供、子守の手伝いなど、一般的な生活支援を行うことが重要です。

また、被災者の立場にたった支援が必要であり、災害に遭った時に起きる反応に関して正確な情報を提供することで、不安を軽減することができます。

時系列的に見た場合に、精神的ストレスを抱えた被災者への初期段階の接し方としては、災害後の様々な心身の不調は災害という異常な事態に対する正常な反応であることを伝えることがまず挙げられます。

また、一般の健康診断と連携した対応が望まれており、被災者は精神状態のみについては診断を拒否することがありますが、健康診断と同じタイミングに入り込むことで、円滑に精神状態についても確認することができます。

精神的ストレスを抱えた被災者への中長期的な段階の接し方としては、PTSDに注意するとともに、生活再建に向けた具体的な支援も欠かせません。

仮設住宅に移り住む時期になると、仮設住宅への見守り体制の構築やコミュニティ再建支援も重要になってきます。

参照記事
自閉症の人への災害時の対応で気をつけるべきポイント

子供が災害によって精神的に受けるストレス

子供が災害によって精神的に受けるストレス反応としては、赤ちゃん返りをしたり、甘えが強くなったり、反抗的になったりすることがあります。

また、食欲がなくなったり、寝つきが悪くなったり、夜泣きをしたり、トイレの回数が増えたりすることが挙げられます。

これらのストレス反応への対処方法としては、行動の変化があってもむやみに叱ったりせずに、受け止めてあげることで、時間とともに回復していくことがあると言われています。

それでも症状が治まらない場合や心配な場合などには、医療機関や市町村のこころのケア担当・市町村の保健センターなどの専門家に相談する必要があります。

高齢者が災害によって精神的に受けるストレス

高齢者の場合には、加齢に伴う心身機能の低下が発生していたり、経済的な問題を抱えていたりする場合もあるので、災害による急激な環境の変化についていけない場合があります。

高齢者が災害によって精神的に受けるストレスについては、自然に回復することも多いですが、周りが気になる症状を発見した場合には、すぐに相談窓口や巡回しているこころのケアチームなどと相談することが重要です。

以上、被災者が精神的に感じるストレスとその対応方法について見てきました。災害は精神的に大きな負担を与えるものであり、その対応については事前に考えておくことが重要です。

参照記事
被災者の精神的なストレスを軽減させるためにできること
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
HOME > 災害対応 > 被災者が精神的に感じるストレスとその対応方法について
更新日 : 2018年7月9日
カテゴリー : 災害対応