行政や企業の防災担当者のためのウェブメディア | 防災テック

水のうを使った水防工法のご紹介!小規模な水害から守るために

当サイトでは誤った情報を記載しないように細心の注意を払っておりますが、仮に記載内容について誤りなどございましたらこちらからご指摘ください。なお、利用者は当サイトより得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。当サイトに含まれる情報およびデータなどに基づいて当サイトの利用者または第三者が被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負いませんのでご注意ください。

水害が発生した際に家が浸水してしまうと、その後の修繕対応が大変なものになってしまいます。何よりも自分の身を守ることが一番ですが、家を水害から守る余裕があるならば、身近な道具を使った簡単な水防工法を活用しても良いかもしれません。

今回はそんな身近な道具を使った水防工法について、消防庁の「自主防災組織の手引き」に記載されている簡易水防工法に基づいて書いていこうと思います。

水防工法①:ゴミ袋を使った簡易水のう工法

一般的な40リットルのゴミ袋を2〜3枚重ねて、ゴミ袋の中に水を入れて入り口などに隙間なく並べます。10cm程度の水深であれば防ぐことができます。

簡易水のうだけではなく、簡易水のうをダンボールの箱の中に入れて、ダンボールを隙間なく並べることで強度を高めることができます。

水防工法②:ポリタンクとレジャーシートを使った簡易水のう工法

ゴミ袋は家にあるものなので簡単に作ることができますが、一方で強度が弱く水が漏れるかもしれないという可能性があります。

10リットルや20リットルのポリタンクに水を入れてレジャーシートで巻き込んで連結することで簡易水のうにすることができます。

参照記事
水害保険(水災保険)とは?風水害からのリスクに備える

水防工法③:プランターとレジャーシートを使った簡易水のう工法

これは先ほどのポリタンクをプランターにしたものです。土を入れたプランターをレジャーシートで巻き込むことで簡易水のうにすることができます。

水防工法④:止水板を使った簡易水のう工法

これは出入り口などに長めの板を使って浸水を防ぐというものです。玄関の入り口などを長板で防ぐことで浸水を防ぐことができます。

水防工法⑤:吸水性ゲル水のうを使った簡易水のう工法

土のうの代わりとして使用できるものに市販の吸水性ゲル水のうがあります。吸水性ゲル水のうは軽量コンパクトですが、水を吸うことで膨張します。

以上、簡単ではありますが身近な道具を使った水防工法について見て来ました。水害が発生しそうな際には、自分や家族の身を守ることが何よりも優先ですが、余裕がある際には身近な道具を使った水防工法を活用することで小規模な水害から家を守ることができるかもしれません。

参照記事
首都圏における大規模水害の被害想定とその対策について
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
HOME > 災害対応 > 水のうを使った水防工法のご紹介!小規模な水害から守るために
更新日 : 2018年8月7日
カテゴリー : 災害対応