災害ボランティアの安全面や衛生面を確保するための方法

2018.07.08

災害ボランティアは時に危険な作業を伴い、ボランティアに参加した人が怪我をしてしまったり、トラブルに巻き込まれてしまったりすることがあります。
災害ボランティアセンターは参加したボランティアがそのような問題に巻き込まれないようにするための方法を検討しておく必要があります。
今回はそんな災害ボランティアの安全面や衛生面を確保するための方法について、事前案内で災害ボランティアの安全面や衛生面を確保する方法、オリエンテーションで災害ボランティアの安全面や衛生面を確保する方法、災害ボランティア保険への加入、などについて書いていこうと思います。

事前案内で災害ボランティアの安全面や衛生面を確保する方法

災害ボランティアの安全面や衛生面を確保するためには、事前にボランティアを募集している段階で安全面などを確保するためのアドバイスを案内することが有効です。
ボランティアをする上で個人装備として何を準備する必要があるのかを伝えて準備不足のままボランティアが被災地に来ることを防止し、被災現場はどのような状態になっているのかを伝えるようにします。
被災現場から災害ボランティアセンターに作業依頼の内容で危険なものは行政とも相談して場合によっては断ることも重要です。フタッフに余裕があれば現場の状況を把握するために巡回調査を行って状況確認をすると良いでしょう。

オリエンテーションで災害ボランティアの安全面や衛生面を確保する方法

災害ボランティアの安全性を確保する上でオリエンテーションをしっかりと行うことは重要です。オリエンテーションを通して安全管理を徹底することを伝えます。
ボランティア活動中に余震や激しい雨が降ることもあり得るので、その場合には速やかに作業を中止する必要があります。
被災地で仕事が見つからないからといって危険な仕事や自分の能力を超えるような仕事はしないようにする必要があり、服装、睡眠時間、疲労などの健康管理はしっかりと自己管理するように伝えます。

参照記事
ボランティア保険とは?その加入方法と種類などについて

災害ボランティア保険への加入

災害ボランティアの安全性をどれだけ管理していても、ボランティアが怪我をしたり問題に巻き込まれたりすることを完全に防ぐことはできません。
いざそのような事態になっても大丈夫なように、災害ボランティア保険への加入を行うことが重要になってきます。
保険なので約款の内容が素人には複雑で読みたくなくなりますが、使い慣れていない保険になるので、どこまでの範囲で保障されるのかなどをしっかりと確認しておく必要があります。

以上、簡単ではありますが災害ボランティアの安全面や衛生面を確保するための方法について、事前案内で災害ボランティアの安全面や衛生面を確保する方法、オリエンテーションで災害ボランティアの安全面や衛生面を確保する方法、災害ボランティア保険への加入、などについて見てきました。
災害ボランティアは災害対応をしてくにあたって重要な存在ですが、支援する側が怪我などをしたのでは元も子もありません。そのために災害ボランティアの安全面の管理は必要不可欠なものになります。

参照記事
災害ボランティアセンターの業務概要について

参考サイト▪︎内閣府「ボランティア関連情報」