行政や企業の防災担当者のためのウェブメディア | 防災テック

指定緊急避難場所とは?指定避難所との違いと検索方法

当サイトでは誤った情報を記載しないように細心の注意を払っておりますが、仮に記載内容について誤りなどございましたらこちらからご指摘ください。なお、利用者は当サイトより得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。当サイトに含まれる情報およびデータなどに基づいて当サイトの利用者または第三者が被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負いませんのでご注意ください。

大きな災害が発生する可能性がある又は災害が発生した場合には、命を守るために安全な場所に避難する必要があります。避難するまでに時間的な余裕がある場合に避難するための場所として「指定緊急避難場所」があります。

洪水、土砂災害、津波など自然災害によって広範囲に被害が及ぶ可能性のあるものはいろいろとありますが、災害が発生する可能性がある場合には、事前に指定緊急避難場所に避難することで身を守ることができるかもしれません。

今回はそんな指定緊急避難場所について、そもそも指定緊急避難場所とは何か、指定緊急避難場所と指定避難所の違いは何か、指定緊急避難場所の検索方法、などについて書いて行こうと思います。

参照記事
避難所と避難場所の違い!それぞれの定義について

指定緊急避難場所とは何か

そもそも指定緊急避難場所とは何かをひとことで言うと、地震や津波などの災害から命を守るために住民が緊急的に避難する場所のことです。名前に“指定”という言葉が入っていることからも分かるように、事前に洪水や津波など災害の種類ごとに一定の基準を満たす施設や場所を市町村長によって指定緊急避難場所は指定されます。

指定緊急避難場所に避難をする際に注意しなければならないことは、災害の種類ごとに指定緊急避難場所は異なるということです。これはどういうことかというと、災害の種類ごとに危険なエリアが異なるので、指定緊急避難場所も災害ごとに異なるのです。

例えばある場所では地震に関する指定緊急避難場所には指定されているものの、土砂災害に関する指定緊急避難場所には指定されていないことがあります。

その場合には、地震の時には指定緊急避難場所として避難できますが、土砂災害の場合にはその指定緊急避難場所に避難をすると逆に危険になる可能性もあります。

そのために災害ごとにどの指定緊急避難場所に避難すれば良いのかをすぐに判断できるようにするための標識が重要になってくるのですが、内閣府と消防庁では、「災害種別避難誘導標識システム」による案内の整備を進めています。


(災害種別避難誘導標識システム:内閣府HPより引用)

なお、指定緊急避難場所の指定状況として日本全国で見た場合には、全ての災害の指定緊急避難場所を合算すると8万近くの避難場所が指定されています。


(指定緊急避難場所の指定状況:内閣府HPより引用)

参照記事
垂直避難とは?水平避難との違いと避難の考え方について

指定緊急避難場所と指定避難所の違いは何か

指定緊急避難場所に似た名前のものに指定避難所があります。この二つの違いについてまず説明していこうと思います。

指定緊急避難場所とは今まで見てきたように、津波、洪水等、災害による危険が切迫した状況において、住民等の生命の安全の確保を目的として住民等が緊急に避難する際の避難先として指定されているものです。

一方で、指定避難所は災害の危険性があり避難した住民が、災害の危険性がなくなるまで必要な期間滞在したり、災害により自宅へ戻れなくなった住民等が一時的に滞在したりすることを目的とした施設のことです。

指定緊急避難場所と指定避難所はどちらも市町村長が一定の基準を満たした場所を指定するという点では同じですが、その目的は異なるので注意をする必要があります。


(指定緊急避難場所と指定避難所の違い:国土地理院HPより引用)

東日本大震災の際には、避難場所と避難所が明確に区別されていなかったがために、被害が拡大してしまうという状況が発生しました。そのために内閣府では災害対策基本法を改正して、市町村長はこの二つを明確に区別して指定しなければならなくなりました。

参照記事
広域避難場所とは?その定義と災害時の使いかたについて

指定緊急避難場所の検索方法

指定緊急避難場所として実際にどこが指定されているのかを簡単に検索できるサービスが国土地理院によって行われています。

国土地理院のHPから調べたいエリア地図を合わせて、調べたい災害の種類をクリックすることで、どこが指定緊急避難場所として指定されているのかについて簡単に調べることができます。

このサービスを利用することで、災害が発生した際に自分はどこに避難をすれば良いのかをすぐに検索することができます。

以上、指定緊急避難場所について、そもそも指定緊急避難場所とは何か、指定緊急避難場所と指定避難所の違いは何か、指定緊急避難場所の検索方法、などについて見てきました。

災害から身を守る上で指定緊急避難場所の意味をしっかりとを把握しておくことは重要であると言えます。

参照記事
避難所の運営を効果的に行うには?ガイドラインを参考にした運営
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
HOME > 災害避難 > 指定緊急避難場所とは?指定避難所との違いと検索方法
更新日 : 2018年5月20日
カテゴリー : 災害避難