行政や企業の防災担当者のためのウェブメディア | 防災テック

垂直避難とは?水平避難との違いと避難の考え方について

当サイトでは誤った情報を記載しないように細心の注意を払っておりますが、仮に記載内容について誤りなどございましたらこちらからご指摘ください。なお、利用者は当サイトより得た情報を、利用者ご自身の判断と責任において利用していただくものとします。当サイトに含まれる情報およびデータなどに基づいて当サイトの利用者または第三者が被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負いませんのでご注意ください。

災害からの“避難”を考えると、避難場所へと走って逃げるようなイメージを持つ人が多いかと思います。実際に洪水や土砂災害などで自宅が危険なので避難場所に逃げるという行為はとても重要です。

ただし、実際には災害が直近に迫っていて時間的な猶予がない場合などでは、避難行動をとることが逆に危険を招くこともあります。避難場所などに避難することを水平避難と呼びますが、自宅の二階などに避難することを垂直避難と言います。

今回はそんな垂直避難について、そもそも垂直避難とは何か、避難の基本的な考え方、などについて書いていこうと思います。

垂直避難とは何か

そもそも垂直避難とは何かをひとことで言うと、災害が発生して身が危険にさらされる可能性がある状況で、避難場所などまでは避難する時間的な余裕がないために、自宅や近隣ビルの上の階などに避難することです。

昔から避難というと避難場所などへの避難を意味しており、実際に現在でも避難の原則は避難場所まで避難することだと思います。

しかし、災害が近々まで迫っている状態で自宅から遠く離れた避難場所まで無理して避難すると、逆に自分の身をより危険に晒すことになります。実際に過去の災害でも多くの人が避難場所まで自宅を出て避難している最中に亡くなっています。

このような状況を踏まえて、避難場所まで避難する時間的な猶予がない場合には、自宅や近隣住宅の比較的高い階に避難する垂直避難という考え方が重視されるようになりました。

ただし、当たり前ではありますが垂直避難は水平避難よりも優れているという訳では決してありません。どの避難方法がベストなのかについては置かれている状況によっても異なるので判断が難しいとことであるのも事実です。

自宅の2階に垂直避難をしたのはいいものの、自宅もろとも洪水によって流されてしまうということもあり得ます。原則は災害が発生する前の段階から避難勧告などの情報をしっかりと聞いておき、避難場所など安全な場所に早めに避難するということを忘れてはいけません。

参照記事
津波避難タワーとは?津波から身を守る緊急避難場所について

避難の基本的な考え方

次に避難とは何なのかという基本的な考え方について見て行こうと思います。避難とはそもそも「災難を避ける」ことであり、場合によっては災難を避けるために避難場所には行かずに今いる場所にとどまることが避難になることもあります。

まず空間軸という観点から避難を考えた場合には、その場にとどまるという避難方法と、その場を立ち退くという避難方法があります。

その場を立ち退くという避難方法についてはさらにそこから高い階へと避難する垂直避難と、避難場所などへと避難する水平避難の二つに分けることができます。


(空間軸での整理:内閣府HPより引用)

次に時間軸で避難を考えた場合には、先ほどのその場に留まる避難や垂直避難などはあくまで一時的に災害を逃れるための避難であり、一方で水平避難は長期的な避難という観点から見ることもできます。


(時間軸での整理:内閣府HPより引用)

次に避難先の場所という観点から見た場合には、屋内への避難と屋外への避難という二つの観点から分類することができます。


(避難先での整理:内閣府HPより引用)

このように避難とはその基本的な考え方としてその方法は多くあります。避難場所への避難を原則としながらも、切羽詰まった状況であれば、他の避難方法についても検討をするという考え方も必要になります。

以上、垂直避難について、そもそも垂直避難とは何か、避難の基本的な考え方、などについて見てきました。どの避難方法がベストなのかというのは状況によって異なるので一概に言い切ることはできませんが、垂直避難も場合によっては有効な避難方法になり得ます。

参照記事
浸水想定区域とは?洪水ハザードマップの基本的な考え方
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
HOME > 災害避難 > 垂直避難とは?水平避難との違いと避難の考え方について
更新日 : 2018年5月20日
カテゴリー : 災害避難