災害ボランティアをより良くするために考えられる今後の課題

2018.06.22

参照記事 災害ボランティアをより効率的に運営するためにできること ボランティア活動側の課題 災害ボランティア活動側の災害ボランティアをより良くするために考えられる今後の課題について、まずは何より災害ボ…

参照記事
災害ボランティアをより効率的に運営するためにできること

ボランティア活動側の課題

災害ボランティア活動側の災害ボランティアをより良くするために考えられる今後の課題について、まずは何より災害ボランティアの記録を残すことを徹底する必要があります。 昔に比べると災害ボランティアの活動をしっかりと記録として残す割合は増えていますが、まだ徹底されておらず、災害の振り返りや今後の防災対策を考えていく上での材料になる資料として災害ボランティアの記録を残す必要があります。 この他にも、初めてボランティアに参加する人が心構えや装備など何もなく訪問してくることがあること、ボランティア団体間における他団体への誹謗中傷、なども課題として残っています。

被災地での課題

被災地での災害ボランティアをより良くするために考えられる今後の課題について、そもそも災害ボランティアを受け入れることで被災地の迅速な復旧につながるということ認識が不足していることが多く、ボランティアの受け入れに抵抗感を持つ人も多いという課題があります。 その背景には、被災地とボランティア間の関係性の深め方をどうすれば良いのか理解が進んでいないという問題もあります。 また、現場ではそもそも災害ボランティアセンターに支援要請を出すことすらできない被災者も多くニーズを拾い上げる努力が必要になります。そのためにもニーズ把握の手法の体系化が必要になります。

災害ボランティアセンターでの課題

災害ボランティアセンターでの課題としては、被災地の災害ボランティアセンター運営スタッフが、長期間に渡る活動と支援のために疲弊してしまう傾向にあり、外部からの災害ボランティアセンター支援を効果的に受け入れる必要があることがあります。
参照記事
災害ボランティアセンターと社会福祉協議会が抱える課題について

災害ボランティアとの連携における課題

災害ボランティアとの連携における課題としては、災害ボランティア関係者と接したことのある行政職員は少なく、行政側に災害ボランティアが何をやってくれるのか支援体制を理解している人が少ないことがあります。 また、各地で様々な災害ボランティアに関係する個人や組織のネットワークが構築されているが、その取組状況には温度差があるという問題もあります。

災害ボランティア全体における課題

災害ボランティア全体における課題としては、専門家と連携した活動支援が一般的に普及されていないという課題があります。被災地の状況や支援の必要性に応じて一部では専門家と連携する例もありますが、まだ一般的ではありません。 ボランティア団体が専門知識の習得に取り組んでいる例もありますが、知識の取得はボランティア個人の資質によるところが多くばらつきがあります。 また、災害ボランティアの安全性という観点では、安全に作業を行うための指導は行われているものの、より安全な活動環境を整備するための危険要員の追求が不十分と言われています。 被災地で活躍するボランティアに向けたボランティア保険も定着はしているものの、その保険範囲の限界や、加入者の保険に関する知識不足などの課題があります。 以上、災害ボランティアをより良くするために考えられる今後の課題について見てきました。 災害ボランティアを効果的に活動できる体制を構築することは被災地を少しでも早く復興させるために必要不可欠であり、課題解決に向けた取り組みが進められています。
参照記事
災害ボランティアセンターの業務概要について
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
]]>