災害ボランティアをより効率的に運営するためにできること

2018.05.21

災害ボランティアセンター(災害VC)の在り方 災害が発生してボランティアを受け入れるとなると社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを設置するのですが、災害ボランティアセンターを設置してボランティアを…

災害ボランティアセンター(災害VC)の在り方

災害が発生してボランティアを受け入れるとなると社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを設置するのですが、災害ボランティアセンターを設置してボランティアを受け入れることは容易なことではありません。 そのために社会福祉協議会の負担を軽減する方法を検討すると同時に、ボランティア受け入れ態勢の在り方、ボランティアが参加しやすい仕組み、情報発信の方法などを改善すべきだという課題が存在しています。 これらの問題を解決するために、協働型災害ボランティアセンターの設置、ボランティア受け入れに関する情報発信の強化、ボランティア受け入れ効率化の検討、ボランティアバスなどの参加促進の取組推奨、などが今後の解決策として考えられます。
参照記事
災害ボランティアをより良くするために考えられる今後の課題

災害発生に向けた体制に関する場作り

地方公共団体はNPOや個人ボランティアとどのように情報共有して連携すれば良いのかわからないことが多く、ボランティアに関する知見が不足している場合もあります。 また、都道府県域でNPOなどの支援団体間の調整連携を図る中間支援組織が平時から機能している事例も少ないなどといった課題が存在しています。 そのために、行政側の理解促進とボランティア側の情報発信、自治体職員向けの研修や行政、NPO、社会福祉協議会の連携に向けた訓練やワークショップの実施、都道府県域における中間支援組織、団体間のネットワークの強化・充実などが今後の解決策として考えられます。

企業のボランティア活動参加、支援の仕組み作り

技術・ノウハウの提供、資金支援などといった被災地にて企業による活動支援が図られるには、信頼できるボランティア団体との連携が必要ですが、そのための情報や仕組みが不十分と言えます。 また、社員のボランティア活動参加を促す施策の充実も必要であり、義援金ではなく支援金に対する社会的な理解不足なども課題として存在しています。 そのために、社員のボランティア参加を促す制度の積極的活用、企業などの支援活動の周知・推奨、企業とボランティア団体の交流促進、活動助成や寄付の推奨、NPOによる情報開示や発信強化が今後の解決策として考えられます。

ボランティアの担い手の裾野拡大に向けと取り組み

平常時の段階で地域における様々な主体が参加する防災視点の取り組みが必要であるという課題が存在しています。 そのために、広く防災に関する優良事例収集や情報発信、地域における様々な担い手の参加推奨、交流の場作りなどが今後の解決策として考えられます。 以上、災害ボランティアをより効率的に運営するためにできることについて、内閣府が行なった「広く防災に資するボランティア活動の促進に関する検討会」を参考にしながら見てきました。 災害ボランティアは今や被災地にとっては必要不可欠なものとなっていますが、一方でその活用が効率的にできていない部分もあるので、今後はその活用方法をより良いものにしていく必要があると言えます。
参照記事
災害ボランティアセンターの業務概要について
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
]]>