自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインについて

2018.06.23

参照記事 震災法律援助とは?被災者を法的に助ける法テラスの支援 自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインとは何か 自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインとは何かをひとことで言うと…

参照記事
震災法律援助とは?被災者を法的に助ける法テラスの支援

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインとは何か

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインとは何かをひとことで言うと、自然災害によって経済的な損失を受けて、破産しなければならなくなった場合に、法的倒産手続をせずに、債権者と債務者の合意にもとづき債務整理を行う方法が書かれたガイドラインのことです。 災害によって被災者は経済的に大きな損失を負うことがあり、時に災害の前に銀行からしていた借入を返済できなくなってしまうこともあります。 その際に、自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインの方法で対応することによって、既存の借入を減額・免除することができないか申し出することができます。 手続きについては弁護士を通す必要があるのですが、弁護士の手続き支援も無料で受けることができます。 一般的に破産手続きを行なった場合には、銀行が過去の取引履歴などを参照する際に使う個人信用情報に破産情報が掲載されてしまいます。 しかし、破産手続きをせずに債権者と債務者の合意にもとづき債務整理を行うことができれば、個人信用情報に債務整理することが登録されないために新たな借入を行うことができ、財産の一部を手元に残すことができる場合もあります。 このように、災害によって借入が返せなくなった人にとって、自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインは一読の価値があるものになっています。
参照記事
セーフティネット保証4号による災害時の中小企業資金調達について

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインの手続きの流れ

自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインを活用して、破産手続きをせずに債権者と債務者の合意にもとづき債務整理を行いたいという場合の流れについてご説明したいと思います。 まず、最も多くのお金を借りている銀行にガイドライの手続き着手を希望することを申し出ます。金融機関からガイドラインの手続きについて同意が得られた次には、地元弁護士会などを通じてガイドライン運営機関に対し、登録支援専門家による支援を依頼します 次に金融機関に対して債務整理を申し出て、必要書類を提出します。必要書類を提出して申し出を行ったら、登録支援専門家とともに債務整理の内容を盛り込んだ書類を作成し、金融機関へと説明します。 そして、債務整理の対象にする借入について合意が得られた場合には、簡易裁判所へと特定調停を申し立てて、この手続きが完了すれば債務整理が完了します。 (自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインの手続きの流れ:自然災害被災者債務整理ガイドライン運営機関HPより引用) 以上、自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインについて、そもそも自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインとは何か、自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインの手続きの流れ、などについて見てきました。 自然災害は時に被災者に経済的に大きな損失を与え、破産に陥ることありますが、その際には自然災害による被災者の債務整理に関するガイドラインを参考することで、より良い選択ができるかもしれません。
参照記事
被災者の個人債務の私的整理に関する対策について
もっと詳しく知る(参考サイト)
防災テックは防災について勉強していく中で個人的に学んだことを他の人にも共有したいという思いで運営しております。そのため記事の記載に間違いなどがある可能性がございます。より詳細かつ正確な内容については上記リンク先で内容をご確認ください。
]]>